ボルボ 850 D車 右H 【特別限定車T-5R】 ボランズ17AW

車輌詳細画像
スライドショー
  • 車輌詳細画像1
  • 車輌詳細画像2
  • 車輌詳細画像3
  • 車輌詳細画像4
  • 車輌詳細画像5
  • 車輌詳細画像6
  • 車輌詳細画像7
  • 車輌詳細画像8
  • 車輌詳細画像9
  • 車輌詳細画像10
  • 車輌詳細画像11
  • 車輌詳細画像12
  • 車輌詳細画像13
  • 車輌詳細画像14
  • 車輌詳細画像15
  • 車輌詳細画像16
  • 車輌詳細画像17
  • 車輌詳細画像18
  • 車輌詳細画像19
  • 車輌詳細画像20
  • 車輌詳細画像21
  • 車輌詳細画像22
  • 車輌詳細画像23
  • 車輌詳細画像24

ボルボ 850 D車 右H 【特別限定車T-5R】 ボランズ17AW

98.9
78.9
  • お電話でのお問合せ
  • お問合せフォーム
  • 車輌情報印刷
  • 事前審査
年式 1995年
外装色 ダークオリーブパール
内装色 ブラックハーフレザーシート
ミッション 4AT
ハンドル
ドア 5ドア
排気量 2,310 cc
走行距離 142,446 km
車検日 -----
車台番号 ***********772
車輌寸法 全長 471 cm
全幅 176 cm
全高 146 cm
乗車定員 5 人
車輌重量 1520 kg
修復歴 なし
カタログ燃費10/15モード 8 km/L
新車価格 5,700,000 円
PR ご成約ありがとうございます!
オートマ右ハンドルディーラー車 フル装備ABS(アンチロックブレーキシステム)エアバックカセットテーププレーヤーパワーシート革シートサンルーフETC(自動料金収受システム)エアロアルミホイールキーレスエントリー集中ドアロック リサイクル料金は預託済ですが表示価格に含まれていないため別途必要です
1995年モデル 正規ディーラー車 右ハンドル 特別限定“T-5R”国内限定500台 10.3万km時メーター交換、現在4万km(合計142446km)IC付ハイプレッシャーターボ搭載240ps 電動ガラスサンルーフ アマレッタハーフレザーシート パワーシート シートヒーター オートエアコン パワーウィンド ABS エアバッグ リアスポイラー ルーフレール フロントフォグ リアフォグ 倒式リアシート 専用エアロバンパー リアワイパー

コメント

■担当者:鈴木から
【全体の所感】運転席に座りスタートしてまず感じることは率直に速い車だな、という事。もう一つの850の特別限定車“R”に比べてもアクセルのレスポンスが軽いように感じます。そして、過給がかかった際の音が確実に“R”よりもはっきりと聞こえ、自分たち世代には懐かしい音とともにドライブを楽しむことが出来ます。

もともとが5気筒で独特なサウンドをもつエンジンですが、このT-5Rでは特にその特徴が際立っています。重い重いといわれているボルボの車体ですが、それでも軽く引っ張り上げてくれるような軽快な加速は、あまり重厚感を感じさせません。
それでも、5600回転で最高出力240psを発揮し、2000~5600回転の間で最大トルク30.6kgを誇ります。
FF駆動という事も相俟って、キビキビとしたハンドリングを楽しむことが出来ます。

新車登録から20年を超えているとはいえ、秘めた実力は健在。高速走行時も踏み込めば踏み込むだけ加速をつづけ、どこまでも加速し続けるのではないかという錯覚に陥ります。何というか、天井が無い感覚です。メーターに刻まれた240km/hまで行ってしまうかのような、余裕のある走りを楽しめます。

また、ボディサイズは4710×1760×1415mmと、現代の車からすると少々小ぶりです。ですが、昨今の駐車場事情や日本の道路事情に意外とマッチしているのではないかと再認識されます。恐らく、多くの立体駐車場に入庫することが出来るのではないでしょうか。現行車は幅が1850mm越えの車が多く、立体駐車場に入らない車も多いようですが、このT-5Rなら安心です。ボルボ特有のスクウェアなスタイリングのため、見切りが付けやすいというのも大きなアドバンテージですね。

車内では多少の軋み音を感じるものの、ロードノイズも程よく、この時代の車に乗っているという感覚を常に持ち続けることが出来ます。T-5の225psとは15psの差しかありませんが、数字以上のパワーの差を感じます。ボルボがチューニングに魂を込めたと言われる850ターボモデルの一つの完成形がT-5Rなのだと思います。

燃費は現代の車に及ぶべくもありませんが、それでもリッターで4キロとか5キロといった数字ではなく、一般道では6~7km弱、高速であればリッター10km程度は出せる車です。

【内装】
ブラックウッドパネルやブラックアマレッタハーフレザーシートを中心とした内装は深い黒の色合いが濃く、野性味を感じさせます。しかし、スポーツモデルにありがちな便利な機能を損なうことなく、快適な空間にすることを忘れてはいません。モーター類を使用するパワーシートやパワーウィンドウも当然ですが標準装備です。
若者の極限を求めるスポーツカーではなく、大人の落ち着いた、しかし攻撃的なスポーツカーという印象です。

電動ガラスサンルーフは、今でこそ珍しくありませんがルーフパネルの下に潜り込んでスライドするタイプです。そのため、開放して走行しても大きな風切り音や振動音もなく、快適に外の空気に触れて走ることが出来ます。

シート全体に言える事ですが、切れはなく、多少のスレはあるものの、シートリペアにて安価に新車時と同様によみがえらせることが可能なレベルです。


【外装】
T-5Rといえばクリームイエロー、いわゆる「ヒヨコ」を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかしこの車は「ダークオリーブパール」の外装色です。
ダークオリーブは940や850の外装色として絶大な人気を誇り、ボルボといえばこの色!というイメージを作った色です。
大きな傷やへこみなく、とてもきれいな外装です。
850の外装で気になるところといえばやはり樹脂部分の色褪せですね。
少々白っぽくなっていますが、ドクターVではきちんと仕上げることで綺麗な色に復活させることが可能です。

また、この車に装着されているのはボルボ用社外部品サプライヤーとしてあまりにも有名なVST社製のアルミホイールです。
T-5R純正アルミといえば5本スポークの「タイタン」ですが、現在装着しているアルミホイールもなかなかのセンスです。

----------------------------------------------------------------------
表示している車輌本体価格は、消費税込となっております。
ご購入の際は法定費用、登録関係諸費用、お選びいただく整備プラン料金など
諸費用が別途必要となります。
お客様のお考えやご希望により最適なご提案をさせていただきます。
ご不明な点がございましたら弊社スタッフまでお気軽にご質問下さい。